Laravel

【Laravel】ルート情報の追加【web.php】

Laravelでルート情報を追加する方法を学習し直しました。

備忘録として残します。

前提

Laravel Projectが作成できていること

前提としてLaravelのProjectが作成できていることが必要。

インストールがまだの場合、こちらを参照する。

【Laravel】Project作成方法LaravelのProject作成方法について説明します。 Laravelでの開発をしたい場合にご参照下さい。 前提 Comp...

本題

bladeを返す

「web.php」ファイルの編集、「views」フォルダ配下へのファイル配置によりbladeを返すことができる。

例 – PJ作成時に既存のデフォルトページを返す

web.php

URIが’/’で叩かれたとき、welcome(resources/views/welcome.blade.php)を返す。

例 – original

web.php

URIが’/dice’で叩かれたとき、dice(resources/views/dice.blade.php)を返す。diceの部分は各自で変えるか、準備する。
ルーティングの値を可変で設定するには、変数を指定する。例えば、’Route::get(‘dice/{$hoge}’, function() {});’と指定することで、dice/sampleでも、dice/hello、dice/hogehugaでもアクセスできる。

例 – templateの中身有り

templateも一例として載せる

resources/views/hello/index.blade.php

 

web.php

内部サーバで動かす場合、上記の場合は http://127.0.0.1:8000/sampleDirectView 動作確認できる。

htmlを返す

web.phpのreturnに直接htmlを記述したり、ヒアドキュメントを使って記述したhtmlコードを格納した変数をreturnすることができる。

html直書きを返す

一例

web.php

引数を渡したい場合、function()の()内に記述する。
ターミナル

 

ブラウザ

 

ヒアドキュメントに書いて返す

web.phpに追記する。

web.php

確認方法は内部サーバを起動させて http://127.0.0.1:8000/hello にブラウザでアクセス。
web.phpにヒアドキュメントを使ってhtmlコードを変数($html)に代入。htmlコードを代入した変数をreturnすることで、/helloにアクセスした際にこの変数が返される(画面に呼び出される)。

参照

『Laravel入門』(掌田津耶乃)

p.33辺り参照した。

Laravelを効率的に学習したい場合

スクールを活用するのも有効

Laravelを効率的に学習したい場合、スクールを活用するのも有効です。

転職を視野に入れている方、将来に向けて学習を進めている学生の方など、良かったら説明を聴いてみてはいかがでしょうか(説明会の参加は無料です)

オンラインプログラミングスクール「Tech boost

他のスクールについては下記の記事にまとめてあります。他のスクールについても視野に入れたい場合、参考になるかと思います。

【プログラミング】スクール一覧プログラミングのスクールで学ぶことを視野に入れた方向けに、ご紹介します。 転職を視野に入れたい 新卒で入社を視野に入れた...
ダイス
ダイス
ご参考になれば幸いです。
ABOUT ME
ダイス
アラサーSE(20代)。 主な経験は、PGとしてJava(SpringBoot)、C、PHP(Laravel)、VBAがある。SS、UTの経験有り。最近はUI工程を経験中。 IT業界だけでなく、教育業界(予備校での運営スタッフ)での経験有り。 サイトでは、特定の分野に限定せずに幅広く発信していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です