Laravel

【Laravel】Controller作成方法【make:controller】

LaravelのControllerクラスの作成方法を説明します。

Controller作成方法

Projectフォルダ直下に移動

ターミナルを操作してProjectフォルダ配下に移動する。

artisan make:controller

下記のコマンドを叩く、HogeControllerの部分は作りたいコントローラーの名称に変更する。

 

上記コマンドを発行すると、「Controller created successfully.」と表示され、HogeControllerが出来上がっている。
保存先は、app\Http\Controllers
出来上がったControllerの中身に関してメモ。「namespace」=「名前空間」のこと。クラスを階層的に整理する仕組みのこと。「use」=クラスのインポートをする記述方法のこと。他のクラスのプロパティやメソッド等を使える状態にする。

Laravelを効率的に学習したい場合

スクールを活用するのも有効

Laravelを効率的に学習したい場合、スクールを活用するのも有効です。

転職を視野に入れている方、将来に向けて学習を進めている学生の方など、良かったら説明を聴いてみてはいかがでしょうか(説明会の参加は無料です)

オンラインプログラミングスクール「Tech boost

他のスクールについては下記の記事にまとめてあります。他のスクールについても視野に入れたい場合、参考になるかと思います。

【プログラミング】スクール一覧プログラミングのスクールで学ぶことを視野に入れた方向けに、ご紹介します。 転職を視野に入れたい 新卒で入社を視野に入れた...
ABOUT ME
ダイス
アラサーSE(20代)。 主な経験は、PGとしてJava(SpringBoot)、C、PHP(Laravel)、VBAがある。SS、UTの経験有り。最近はUI工程を経験中。 IT業界だけでなく、教育業界(予備校での運営スタッフ)での経験有り。 サイトでは、特定の分野に限定せずに幅広く発信していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です