Laravel

【Laravel】Controllerからテンプレートに値渡し

備忘録です。

Controllerからテンプレートに値渡し

Controllerからテンプレートに値を渡すには、viewメソッドの第二引数で指定する。

書式

 

一例

複数の要素を渡したい場合、多重配列にする方法がある。上記の例の場合、$data = [‘msg’ => ‘これはコントローラから渡されたメッセージです。’, ‘dice’ => rand(1, 6), ‘hoge’ => ‘huga’, ‘fruit’ => ‘apple’]; …という要領で増やせ、view側では$msgや$diceと同じ要領で、$hogeや$fruitで使える。

 

参照

『Laravel入門』(掌田津耶乃)

主な参照頁:62~64

Laravelを効率的に学習したい場合

スクールを活用するのも有効

Laravelを効率的に学習したい場合、スクールを活用するのも有効です。

転職を視野に入れている方、将来に向けて学習を進めている学生の方など、良かったら説明を聴いてみてはいかがでしょうか(説明会の参加は無料です)

オンラインプログラミングスクール「Tech boost

他のスクールについては下記の記事にまとめてあります。他のスクールについても視野に入れたい場合、参考になるかと思います。

【プログラミング】スクール一覧プログラミングのスクールで学ぶことを視野に入れた方向けに、ご紹介します。 転職を視野に入れたい 新卒で入社を視野に入れた...
ダイス
ダイス
ご参考になれば幸いです。
ABOUT ME
ダイス
アラサーSE(20代)。 主な経験は、PGとしてJava(SpringBoot)、C、PHP(Laravel)、VBAがある。SS、UTの経験有り。最近はUI工程を経験中。 IT業界だけでなく、教育業界(予備校での運営スタッフ)での経験有り。 サイトでは、特定の分野に限定せずに幅広く発信していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です