時事ネタ

【犬猫】マイクロチップ【義務化】

こんにちは♪ダイスの妻で、三歳の息子、にゃんず5匹と暮らしているアヤと申します(*^^*)

2022年6月1日から犬や猫について、マイクロチップの装着が義務化になるとのことで調べてみました。

はじめに

令和4年6月1日から、ブリーダーやペットショップ等で販売される犬や猫について、マイクロチップの装着が義務化になりました。

令和4年6月1日から販売される犬・猫はマイクロチップが装着されており、飼い主になる場合は、御自身の情報に変更する登録が必要となります。

一般の飼い主さんにとっては、マイクロチップ装着は努力義務になります。

マイクロチップを装着させる義務があるのは、ブリーダーやペットショップなど、動物愛護法に定められた「犬猫等販売業者」です。

 

この記事の読者の想定は下記の通りです。

  • 【犬猫のマイクロチップ装着の義務化】について知りたい
  • 【マイクロチップ】はでこで装着するか知りたい

是非、参考にしていただけますと幸いです。

【犬猫のマイクロチップ装着の義務化】-マイクロチップ登録申請-

いつから

2022年6月1日から。

6月以降にマイクロチップ装着済みの犬猫を取得したときは、

原則として30日以内にマイクロチップ装着証明書を持って、指定登録機関に「登録」しなければなりません。

 

今現在(2022年5月)家庭で飼われているマイクロチップを装着していない犬猫は、

6月以降もマイクロチップを装着する義務はなく、努力義務になります。

登録の申請先はどこ?

環境大臣が指定した指定登録機関に登録の申請を行っていただきます。指定登録機関には、公益社団法人日本獣医師会が指定されています。
環境省のマイクロチップ情報登録の制度は、公益社団法人日本獣医師会が民間事業として実施しているマイクロチップ登録制度(AIPO)とは異なりますので、御注意ください。
指定登録機関の情報漏洩対策は万全で、情報にアクセスするのは自治体、警察に限られますのでご安心ください。

犬と猫のマイクロチップ情報登録に関するQA

 

ブリーダーやペットショップなどから犬や猫を購入した場合や、

友人や動物保護団体などからマイクロチップが装着された犬猫を譲り受けた場合には、

データベースに新たな飼い主の情報を変更登録する必要があります。

変更登録が完了すると新しい登録証明書が交付されるので、大事に保管してください。

 

所有している犬や猫を譲り渡す場合には、この登録証明書も併せて譲り渡す必要があります。

マイクロチップ装着費用と登録手数料はどのくらいかかる?

装着費用は動物病院によって異なり、一般的には数千円~10,000円程度になります。

登録・変更登録1回につきオンライン申請では300円、紙申請では1,000円

登録証明書の再交付の手数料は、オンライン申請では200円、紙申請では700円

オンライン申請の場合、クレジットカード決済、2次元バーコード決済を予定おり、

紙申請の場合は、銀行振込やコンビニ決済に対応する予定です。

マイクロチップ登録制度に関する手数料と市町村が徴収している狂犬病予防法における犬の登録手数料とは異なります

 

2022年6月以降にブリーダーやペットショップで販売される犬猫の場合は、マイクロチップが装着された状態です。

姓や住所・電話番号が変更した場合はどうすればいいの?

氏名、住所や電話番号の変更など、登録内容を変更する場合には指定登録機関に届出をする必要があります。

届出の際にも、登録証明書が必要になります。

登録している犬猫が死んでしまった場合はどうすればいいの?

指定登録機関に死亡の届出をする必要があります。

オンラインまたは紙による届出が可能です。

届出の際にも、登録証明書が必要になります。

【犬猫のマイクロチップ装着の義務化】-マイクロチップ-

マイクロチップってどんな物?

マイクロチップは直径2mm、長さ12mm程度の円筒形で、外側に生体適合ガラスを使用した電子標識器具です。

最近では直径1.4mm×長さ8.2mm程度のものが主流になりつつあります。

記録されている情報は?

世界で唯一の15桁の数字(ISO規格の個体識別番号)が記録されています。

15桁の番号を専用のリーダーで読み取ることができます。

住所・氏名・電話番号・犬猫の所在地・マイクロチップ識別番号などを登録申請し、

犬猫が迷子になった場合や、地震などの災害、盗難や事故などによって、

飼い主と離ればなれになっしまった際に、皮下に埋め込まれたマイクロチップ読み取ることで、番号を確認することができます。

その番号から登録されている飼い主の情報と照合することで、飼い主の元へ戻すことができます。

データベースに登録できるのは、ISO規格に適合したマイクロチップを装着した場合に限ります。

どうやって装着する?

動物病院等で獣医師が、専用の注入器を使って皮下に埋め込みます。

装着後、獣医師からマイクロチップ装着証明書が発行されます。

マイクロチップ装着証明書は、飼い主の情報をデータベースへ登録する際に必要になりますので、絶対になくさないよう大事に保管してください。

終わりに

いわゆる犬と猫の住民票みたいですね。

マイクロチップ装着義務自体は阪神淡路大震災がきっかけに導入が検討されていたようで、

実際、かなりたくさんの身元が不明の犬猫がいたそうです。

身元不明の犬猫は、譲渡会に出されるか最悪の場合、殺処分されてしまいます。

 

マイクロチップを装着することで、飼い主と離ればなれになっても、高確率で再会することができるようになります。

これが最大のメリットですよね。

身元がわかるようになれば殺処分される犬猫も減ることでしょう。

 

2022年5月現在、まだマイクロチップが装着された犬猫は少ないと思われます。

繰り返しになりますが、一般家庭でのマイクロチップ装着は努力義務です。

装着に否定的な方もいらっしゃると思います。

私自身も大事な家族の身体にチップ(異物)を入れるのには抵抗を覚えますが、

うちの子(猫)を守る手段として、よく検討したいと思います。

 

アヤ
アヤ
興味がある方は是非ご参照いただき、参考になれば幸いです。ご覧いただきまして、誠にありがとうございました(*^^*)
ABOUT ME
ダイス
アラサーSE。多趣味。詳細はこちら→[Profile]。サイトでは、特定の分野に限定せずに幅広く発信していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。