PHP

【PHP】if、else if、else【条件分岐】

PHPの if文 について説明します。

if文とは?

条件分岐構文のこと

if文とは、制御構文のうち条件分岐構文のこと。

ざっくり言うと、条件式を評価し、trueなら処理実行falseなら処理を実行しない。false時には else ifがないかを確認の上、else ifがあれば条件式が評価、trueなら処理実行する。elseがある場合、elseは ifelse ifいずれの処理も実行されなかった場合にのみ実行される
他の条件分岐構文には switch がある。

使い方

書式

if文のみの記載(if () {})でも可能。else if文(else if () {}) や、 else文(else {})は省略可能

一例 – スタンダード

rand関数で1~6の乱数を変数diceに代入し、変数diceの値によって出力を変えるプログラム。変数diceの値の判別にif, else if, elseを使っている1なら’ONE’と出力、2なら’TWO’と出力、3以上なら’three or more’と出力しているのが判る。1か2の際、’three or more’が出力されない点が理解できると◎。
if文に加えて、else if文、else文も記載している。繰り返しになるが、else if ($dice === 2) { echo “英語で表すと ” . TWO . ” です。”; }else { echo “英語で表すと ” . “three or more” . ” です。”; }省略可能。言い方を変えると、if文を省略してのelse ifやelse開始の記述はできない。

一例 – 0や1の評価

実行結果

厳密には、0はtrueでない(false)、1はtrueの分岐に入る。

ざっと、下記がfalseだと憶えておくといいかも。

  • 0
  • “0”
  • null
  • false
  • 要素のない配列
  • 代入されていない変数
  • 定義されていない変数
文字列の0はfalse扱い、文字列の’false’はtrue扱い。この辺りはハマる原因になる為、怪しいと思ったらすぐに公式を参照するなり有識者に確認するなりすること。

参照

独習PHP

公式

PHP: if – Manual

PHP: PHP 型の比較表 – Manual

PHPを効率的に学習したい場合

スクールを活用するのも有効

PHPを効率的に学習したい場合、スクールを活用するのも有効です。

転職を視野に入れている方、将来に向けて学習を進めている学生の方など、良かったら説明を聴いてみてはいかがでしょうか(説明会の参加は無料です)

オンラインプログラミングスクール「Tech boost

他のスクールについては下記の記事にまとめてあります。他のスクールについても視野に入れたい場合、参考になるかと思います。

【プログラミング】スクール一覧プログラミングのスクールで学ぶことを視野に入れた方向けに、ご紹介します。 転職を視野に入れたい 新卒で入社を視野に入れた...
ダイス
ダイス
ご参考になれば幸いです。
ABOUT ME
ダイス
アラサーSE(20代)。 主な経験は、PGとしてJava(SpringBoot)、C、PHP(Laravel)、VBAがある。SS、UTの経験有り。最近はUI工程を経験中。 IT業界だけでなく、教育業界(予備校での運営スタッフ)での経験有り。 サイトでは、特定の分野に限定せずに幅広く発信していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です