PHP

【Windows10】PHPインストール方法【確認方法も記載】

phpのインストール方法についてお伝えします。

※Windows版向けです。

はじめに

インストール確認

はじめに、PHPが既にインストールされていないことを確認します。

コマンドプロンプトで下記のコマンドを叩き、バージョン情報が表示されたらインストール済、表示されなければ未インストールです。

コマンドを実行するときのカレントディレクトリはどこでも良いです。

バージョン情報の表示例は下記の通りです。[jin_icon_info color=”#e9546b” size=”18px”]

表示された場合はインストール済につき、後続のインストール手順は不要です。

PHPインストール

インストール手順

下記のサイトより欲しいバージョンのものをダウンロードします。

考慮するのは、何ビットか?スレッドセーフorノンスレッドセーフか?で、後はZipを選択すれば良いと思います。

https://windows.php.net/download/

【一例】筆者は学習環境として「PHP 7.2.21」を落としたいと考えた場合、下記のリンクをクリック。Win10 64bit環境。

クリックするとzipファイルのダウンロードが始まります。

ダウンロード後、zipファイルを解凍します。

解凍後の保存先は任意ですが、パスを通すことを考えるとCドライブ直下等で良いです。

パスを通し、再度記事の冒頭のコマンドをコマンドプロンプトで確認、バージョン情報が表示されれば完了しています。

PHPを効率的に学習したい場合

スクールを活用するのも有効

PHPを効率的に学習したい場合、スクールを活用するのも有効です。

転職を視野に入れている方、将来に向けて学習を進めている学生の方など、良かったら説明を聴いてみてはいかがでしょうか(説明会の参加は無料です)

オンラインプログラミングスクール「Tech boost

他のスクールについては下記の記事にまとめてあります。他のスクールについても視野に入れたい場合、参考になるかと思います。

【プログラミング】スクール一覧プログラミングのスクールで学ぶことを視野に入れた方向けに、ご紹介します。 転職を視野に入れたい 新卒で入社を視野に入れた...
ダイス
ダイス
ご参考になれば幸いです。
ABOUT ME
ダイス
アラサーSE(20代)。 主な経験は、PGとしてJava(SpringBoot)、C、PHP(Laravel)、VBAがある。SS、UTの経験有り。最近はUI工程を経験中。 IT業界だけでなく、教育業界(予備校での運営スタッフ)での経験有り。 サイトでは、特定の分野に限定せずに幅広く発信していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です