PHP

【PHP】static【静的に宣言】

PHPの static について説明します。

staticとは?

静的に宣言するキーワードのこと

staticとは、プロパティやメソッドを静的に宣言するキーワードのこと。

静的に宣言することで、オブジェクトを経由しないで使用できる(プロパティやメソッドを、インスタンス化無しに呼び出せるようになる)
注意点として、staticなメソッド内からインスタンスのプロパティやメソッドは呼べない

使い方

構文

静的プロパティ

静的メソッド

 

実装例 – シンプル

コード

static-simple.php

静的に宣言するには、通常の変数名や関数名の宣言時にstatic修飾子をつけてあげるのみ。

参照

独習PHP

公式

PHP: static キーワード – Manual

PHPを効率的に学習したい場合

スクールを活用するのも有効

PHPを効率的に学習したい場合、スクールを活用するのも有効です。

転職を視野に入れている方、将来に向けて学習を進めている学生の方など、良かったら説明を聴いてみてはいかがでしょうか(説明会の参加は無料です)

オンラインプログラミングスクール「Tech boost

他のスクールについては下記の記事にまとめてあります。他のスクールについても視野に入れたい場合、参考になるかと思います。

【プログラミング】スクール一覧プログラミングのスクールで学ぶことを視野に入れた方向けに、ご紹介します。 転職を視野に入れたい 新卒で入社を視野に入れた...
ダイス
ダイス
ご参考になれば幸いです。
ABOUT ME
ダイス
アラサーSE(20代)。 主な経験は、PGとしてJava(SpringBoot)、C、PHP(Laravel)、VBAがある。SS、UTの経験有り。最近はUI工程を経験中。 IT業界だけでなく、教育業界(予備校での運営スタッフ)での経験有り。 サイトでは、特定の分野に限定せずに幅広く発信していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です