Laravel

【Laravel】クエリ文字列をテンプレートに渡す

備忘録です。

クエリ文字列で渡す方法

Requestクラス型変数

Requestクラス型変数で受け、配列として変数に格納し直し、return viewの第二引数に指定する。

上記の例の場合は2つの要素を渡す為に多次元配列にしているが、1つの要素だけを渡したいのであれば、一次元配列でも全く問題ない。

配列のキー名を指定することで取り出せる。

urlは http://127.0.0.1:8000/hello?id=query_string_sample 等で叩く。

参照

『Laravel入門』(掌田津耶乃)

ダイス
ダイス
ご参考になれば幸いです。
ABOUT ME
ダイス
アラサーSE(20代)。 主な経験は、PGとしてJava(SpringBoot)、C、PHP(Laravel)、VBAがある。SS、UTの経験有り。最近はUI工程を経験中。 IT業界だけでなく、教育業界(予備校での運営スタッフ)での経験有り。 サイトでは、特定の分野に限定せずに幅広く発信していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です