PHP

【Windows版】PHPのローカル開発環境の構築手順【備忘録】

Vagrantを用いたPHPのローカル開発環境の構築方法を学び、実際にマシン一台については構築が完了しました。

備忘録として記録しておきます。

ダイス
ダイス
WordPressをカスタマイズしたくてPHP学び始めました!ダイス(dice@dice_record)です。

この記事の読者の想定は下記の通りです。

  • PHPの環境構築方法を知りたい
  • Windows版を知りたい
  • Vagrantを使った方法を知りたい

上記の内全て当てはまる方は、良かったらお読み下さい

はじめに

当記事の目的

ざっくり言うと備忘録です。

とはいえ、記録するからには(極力)誰が参照しても再現できるように努めます。

「そもそもPHPとは何か?」等は、この記事では触れません。

用語レベルでの解説は今記事では予定していません(※需要があれば記事の加筆や記事の追加を視野に入れます)。

当記事のゴール

Windowsマシンで、Vagrantを用いたPHPローカル開発環境を構築すること。

エクスプローラの設定確認

環境構築に着手する前に、エクスプローラが下記の設定になっていることを確認しておく。

  • 「隠しファイル、隠しフォルダーを表示する」:チェックが入っていること
  • 「拡張子を表示しない」:チェックが入っていないこと

PHPのローカル開発環境構築

PHPのローカル開発環境構築に必要なもの

  • Windowsマシン
  • ネット環境

PHPのローカル開発環境構築として準備していくもの

参考にしたサイト

ドットインストール(ローカル開発環境の構築 [Windows編] ) ※1

仮想化支援機構(VT-x/AMD-V)を有効化できません Vagrant upでOS起動失敗した

vagrant upしようとしたらConnection timeout. Retryingでコケるのはavastが原因だった – 情報の海の漂流者

※1 本記事で使用するコマンドの内、組まれているスクリプトを実行する操作があります。そのスクリプトはドットインストールにより作成されたものです。

PHPのローカル開発環境構築手順

Virtualboxをインストール

Download VirtualBox

環境に応じたもの(筆者の環境では Windows hosts と記載されているもの)

Vagrantをインストール

Download Vagrant

環境に応じたもの(筆者の環境ではWindows 64bitのもの)Install後、再起動する

PowerShellを起動・操作

起動方法は下記のどちらでも良い。1つ目の方が少し楽かも。

  • Windowsキー押下 → power と入力 → 表示されたPowerShellを選択
  • Windowsキー+R押下 → powershell と入力 → Enterキーを押下

起動するとカレントディレクトリはユーザーフォルダが指定されているはず。

以下ドットインストールより引用(コメント部は参照目的にし、太字のコマンド部のみ順次実行)

# 今後複数の仮想マシンを作ることを想定して、それらをまとめるフォルダ(MyVagrant)を作る
mkdir MyVagrant

# MyVagrantに移動する
cd MyVagrant

# 仮想マシンを作るフォルダを作る(MyCentOS)
mkdir MyCentOS

# MyCentOSに移動する
cd MyCentOS

# 仮想マシン設定用のVagrantfileを作る
vagrant init bento/centos-6.8

# Vagrantfileを編集して仮想マシンのIPアドレスを192.168.33.10にする

Vagrantfileの編集方法

■対象ファイル

 

 

 

 

 

 

■対象行 / 修正後 (筆者が環境構築した時点(19/5/13)では、35行目)

config.vm.network “private_network”, ip: “192.168.33.10” で検索してもよい(1箇所しかない)。

 

 

 

 

 

 

上記の編集・保存が終わったら開いているVegrantファイルを閉じる。

PowerShell上の操作に戻る。

# 仮想マシンを起動する(少し時間かかります)
vagrant up

# 仮想マシンの状態を確認する
vagrant status

vagrant statusがrunning(実行中)であれば想定通り。

Atomをインストール

PuTTYをインストール

Download PuTTY

Windows版、64ビット版であれば「putty-64bit-0.71-installer.msi」。

※バージョンが新しくなっている可能性があり、ページ内検索は非推奨。

PuTTYの設定

PuTTY起動し、必要事項を入力・操作していく。

【Host Name】:192.168.33.10

【Saved Sessions】:MyCentOS と入力 → 「Save」ボタン押下(次回のログイン時からは、MyCentOSをLoadすると楽。選択の上でLoadボタン押下)

Openボタンを押下

「はい」ボタンを押下

ログインに必要な下記の情報を入力の上、Enterキーを押す

  • 【login as】:vagrant
  • 【pw】:vagrant

[vagrant@localhost ~]$ のような表示が出れば期待通りログイン成功。

引き続きPuTTYを操作

途中、スクリプト実行は体感5~10分以上はかかる。

# OSを最新状態にアップデート(時間かかります)
sudo yum -y update

# スクリプトを入手するためのgitをインストール
sudo yum -y install git

# gitを使ってアプリケーション設定用のスクリプトをダウンロード
git clone https://github.com/dotinstallres/centos6.git

# centos6フォルダができるのでそちらに移動
cd centos6

# スクリプトを実行(時間かかります)
./run.sh

# もろもろの設定を反映
exec $SHELL -l

Cyberduckをインストール

Cyberduckの設定

編集タブ>環境設定を選択する。
【ブラウザ】タグ
  • 「∵で始まるファイルを表示」:チェック入れる
  • 「ダブルクリックしたファイルを外部エディタで開く」:チェック入れる
【外部エディタ】タグ

Notepad→atom.cmd に変更する

C:\Users\【要変更/ユーザーフォルダ名】\AppData\Local\atom\bin\atom.cmd

「常に~」:チェック入れる

Cyberduckの設定 – 仮想マシンにアクセス

  • SFTPを指定
  • サーバ:192.168.33.10
  • ユーザ名:vagrant
  • パスワード:vagrant
  • 接続ボタン押下

ブックマークしておくと楽。

PuTTY(とAtom)を用いて.phpファイルを作成・編集・保存し、サーバーを起動させ、ブラウザからアクセスすればHello world等の画面が出せる。

PHPを効率的に学習したい場合

スクールを活用するのも有効

PHPを効率的に学習したい場合、スクールを活用するのも有効です。

転職を視野に入れている方、将来に向けて学習を進めている学生の方など、良かったら説明を聴いてみてはいかがでしょうか(説明会の参加は無料です)

オンラインプログラミングスクール「Tech boost

他のスクールについては下記の記事にまとめてあります。他のスクールについても視野に入れたい場合、参考になるかと思います。

【プログラミング】スクール一覧プログラミングのスクールで学ぶことを視野に入れた方向けに、ご紹介します。 転職を視野に入れたい 新卒で入社を視野に入れた...
ダイス
ダイス
ご参考になれば幸いです。
ABOUT ME
ダイス
アラサーSE(20代)。 主な経験は、PGとしてJava(SpringBoot)、C、PHP(Laravel)、VBAがある。SS、UTの経験有り。最近はUI工程を経験中。 IT業界だけでなく、教育業界(予備校での運営スタッフ)での経験有り。 サイトでは、特定の分野に限定せずに幅広く発信していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です